MENU

驚くほど乳首が黒く…妊娠の恐怖!

乳首黒ずみ

 

妊娠すると、乳首が黒ずみ、乳輪が大きくなるという話を聞いたことがある方もいるかも知れません。

 

筆者自身、聞いたことはあったのですが、まさかこんなにも変わるのかと思ったほどに変わりました。とてもショックでした。

 

妊娠前と妊娠中のおっぱい全体の変化を見てみましょう。

 

妊娠すると、ホルモンの変化により乳房が大きくなります。

 

妊娠前と比べ2カップほど上がることが多いようです。

 

しかし、それに伴って乳首が黒くなります。妊娠により、エストロゲンとプロゲステロンの分泌が増加します。

 

これらのホルモンにはメラニン色素の色素細胞を刺激する作用があり、それによってメラニン色素が肌を黒ずませてしまうのです。

 

乳輪も同じように、ホルモンの作用により黒く大きくなります。しかし一説では、このような変化は、赤ちゃんがお母さんのおっぱいを見つけやすくするためと言われています。

 

産まれたばかりの赤ちゃんは視力が弱いので、おっぱいを見つけるために色が濃い方が良いのです。

 

しかし、仕方が無いこととはいえ気になる乳首の黒ずみ、どうにかならないものかと悩む方も多いと思います。

 

安心してください!産後元に戻ります。

 

しばらくは乳首も乳輪も変わらないままですが、赤ちゃんが卒乳する頃になるとおっぱいも元の大きさに、乳首や乳輪もほぼ元通りになります。

 

妊娠中と産後しばらく、多少の期間は我慢が必要ですが、それを過ぎるまでなので、乳首の黒ずみに悩むお母さん方は気にしすぎないようにしてくださいね!

このページの先頭へ