MENU

その乳首の黒ずみ諦めていませんか?

乳首黒ずみ

 

乳首の黒ずみで悩む女性は意外と多くいるのではないでしょうか。

 

乳首の黒ずみといっても、ほとんどが持って生まれたものであり、メラニン色素であるため、日本人なら少し黒ずんだような茶色の乳首が一般的なのです。みんな一緒なら良いとはいっても、やはり綺麗なピンク色の乳首の方が自信が持てます。

 

 

 

女性は美肌を保つために、ありとあらゆることをして日々努力しています。もちろん乳首の黒ずみだって、綺麗になるのは不可能なことではないのではないでしょうか。

 

まず、乳首の黒ずみをケアするにあたり、有効な成分がいくつかありめす。

 

ルミキシルペプチド

 

ハイドロキノン

 

トレチノイン酸

 

化粧品を使用してる方なら、どれか一つは聞いた事があるのではないでしょうか。

 

これらの成分が一つひとつどのように作用するのかみていきましょう。

 

 

 

まずルミキシルペプチド、こちらは天然由来のアミノ酸から作られるタンパク質のひとつであり、メラニン色素が作られる原因となるチロシナーゼの妨害効果が非常に高いと言われています。天然由来なので比較的安心に使用できます。

 

 

 

次に、ハイドロキノンですが、こちらもルミキシルペプチドと同様にチロシナーゼの妨害効果があり、なおかつメラニン色素を作るメラノサイトに対しても効果を発揮するようです。

 

このハイドロキノンは、わかりやすく言うと肌の漂白剤のようなものなので、少しこわい気にもなります。

 

効果が高いとはいえ、斑点や赤みやかぶれなど、アレルギー症状も出る場合があるので、人によっては注意が必要です。

 

 

 

最後にトレチノイン酸ですが、こちらはコラーゲンを作られる時のサポートをする役割があるため、肌のハリやシミなどにも効果を発揮します。

 

実は、上記のハイドロキノンは、このトレチノイン酸と併用することにより効果を発揮するので、とても重要な成分と言えるでしょう。

 

しかし、トレチノイン酸にも同じく副作用がある為、特に妊婦中の方などは使用を避けるのが懸命です。

 

 

 

しかしながら、これらの成分が黒ずみなどメラニン色素に有効なのは言うまでもありません。

 

そして、美肌化粧品には使用されている事が多く欠かせない成分です。

 

このような成分が入っている化粧水や、美肌クリームを使用してみる方法が第一にあります。

 

 

 

やはり乳首はまた顔とは違い、どうしても化粧品などつけるのには抵抗があるという方もいるのではないでしょうか。

 

そんな方にも手軽にできる、ヨーグルトパックを試してみてはいかがでしょうか。

 

やり方は乳首にヨーグルトを塗るだけという、とても簡単な方法です。

 

ヨーグルトに含まれる乳清に黒ずみ解消の効果があるようです。速効性は期待できませんが、乳製品ですので保湿効果もあり、試す価値はありそうです。

 

やはり、乳首の黒ずみなどは、主にメラニン色素で、女性のホルモンバランスの崩れや、それにともなうストレスが原因でもあります。

 

最後に、体の中から予防、改善していける食品に関してみていきましょう。

 

ビタミンAとビタミンCが美肌に効果的と言われています。

 

ビタミンAが豊富に含まれる食品で、お肉ならレバー、野菜はにんじん、パセリ、バジルなど、その他うなぎや海苔といった物があげられます。

 

次に、ビタミンCが多く含まれる食品が、主に野菜や果物など、赤ピーマン、ブロッコリー、キャベツ、レモン、いちご、キウイなどがあります。これらの食材を食卓に取り入れてバランスの良い食事を心がけることで、より一層黒ずみなども改善されるのではないでしょうか。そして毎日の実践が効果的です。"

このページの先頭へ