MENU

彼氏に指摘されて、乳首の黒ずみに気づいちゃいました。

乳首黒ずみ

 

学生のとき、初めて出来た彼氏に「乳首、黒くない?」と指摘されて、ショックを受けました。

 

その時、彼氏としては見たままを言っただけのようですが、それからわたしは乳首の黒ずみをなんとかして消したいと考えていたんです。

 

その頃は知識もなく、黒ずんだ部分をこすれば落ちるかもと安易に考えていました。スクラブ入りのマッサージジェルでゴシゴシこすってみたり、ピーリングしてみたりしていたんです。今考えたら、すごくバカだったなと思います。

 

黒ずみはこすっても落ちないし、逆にこすって肌に刺激を与えることで黒ずみが悪化することを後から知りました。黒ずみのケアには充分な保湿が必要だったんです。

 

とはいえ、保湿するといっても乳首のような刺激に弱いところに、ボディクリームを塗っても良いのかと悩みました。そんなとき、友達が黒ずみケアのクリームがあると教えてくれたんです。

 

わたしもネットで見てみたのですが、乳首の黒ずみのために考えられたクリームで、しかも国内工場で作られているので信頼性が高いです。

 

早速購入してみました。使い初めて数週間は特に変化も感じなかったし、これで本当にケア出来ているのか不安でした。

 

でも、使い続けて3ヶ月くらいしたころから徐々に薄くなってきたかなと感じ始めたんです。その頃から彼氏にも「キレイになってきた」と言ってもらえるようになり、嬉しいなと思います。

 

黒ずみって汚いわけじゃないけど、見られるのは恥ずかしいし自分も気になるので、セルフケアを頑張ってみようと思いました。

 

乳首の黒ずみはホルモンバランスが関係していた!

 

日々の忙しい生活に疲れていたりすると、ふと気になる身体の変化。身体の変化は恥ずかしくて周りの友人や家族にも言う事ができない人も多いですよね。

 

なので自己解決やわからないまま放置してしまう方も多いと思います。今回はそんな身体の変化の中から乳首の黒ずみについてお話しします。

 

友人や家族と一緒に温泉やプールにいったりする機会はよくありますよね?そんな時ふと見えてしまった友人の胸。

 

周りの人の着替え中などに見えてしまう事もありますよね。その胸が自分とすごく違ったのです。

 

形もそうだし、色や乳輪のサイズなども。

 

生理前にも胸が少しはる話はよく聞くのですが私の場合は乳輪も気持ち大きくなったり黒くなったりと変化のでやすい胸でした。

 

もちろん生理が終われば大きさや色などはいつも通りにもどり、綺麗なピンクとまでは行きませんがピンクと茶色の混ざった様なそんな感じにもどります。

 

その頃はその程度だったので気にしていなかったのですが、妊娠してみてびっくり!!妊娠3ヶ月から4ヶ月のあたりから乳首の黒ずみがすごくなったのです。

 

はじめはつわりなどもあり乳首の黒ずみにはあまり気づけていなかったのですがだんだん治っていくつわりと並行して乳首の黒ずみに気づきました。

 

黒ずみもそうだし周りの突起物?みたいなものも増えた気がします。

 

不安になり妊婦検診の際に先生に聞いてみましたが、女性ホルモンの関係で自然に起こる事だそう。

 

私だけではないんだと思い少し安心しました。気になる様なら化粧水や保湿クリームなどを付けてケアしてみてといわれケアしだしたら少しの黒ずみが薄くなった気がしました。

 

何もしないままだとそのまま黒ずみのままですが少しのケアで変わりますので恥ずかしがらずケアしてあげて自分の身体の事をいたわってあげてください。

このページの先頭へ